後遺障害/むち打ち症について

・むち打ち症について

 

 実務上、いわゆるむち打ち症状の後遺障害該当性がよく問題になります。

 むち打ち症状の場合、以下の区別基準が問題となります。

・(後遺障害等級)非該当

第14級9号「局部に神経症状を残すもの」

第12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」

実務上は、種々の観点から、総合的に判断されています。

 

 むち打ち症状の場合で、

・障害の存在が医学的に証明できる場合→12級

・障害の存在が医学的に説明可能な場合→14級

と認定されています。

 12級の認定基準である「医学的に証明できる」とは、他覚所見が存在する

ことを意味しています。

 なお、どの程度の他覚所見の存在が必要かについては、様々な見解がありま

す。また、「医学的に説明可能なもの」というのは、症状について医学的な証

明はできないが、自覚症状が医学的に説明できる場合などと説明されています。


 非該当になるのは、

・自覚症状のみ(他覚所見がない)で、 

 かつ

・医学的に説明できない

 場合です。

 なお、(厳密に)医学的な説明がなくとも、事故態様や、事故直後の症状、

負傷の部位等の事情によっては、14級が認定される場合もあります。

 むち打ち症の場合の労働能力喪失期間については、次の期間が一応の目安と

なります。

12級程度→5年から10年

14級程度→5年以下

 ただし、後遺障害の具体的症状等によって、上記の期間よりも長期、または、

短期の喪失期間が認められることもありますので、結局は、個別事情を考慮し

た上で適宜判断することになります。

                                  以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故

被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害

慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的に

サポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護

士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。

弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお

気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515