フォルクマン拘縮

・フォルクマン拘縮
 
 上腕屈側に生じたコンパーメント症候群(打撲、骨折、脱臼などをきっかけに、

組織内圧が上昇し、循環不全を起こし、症状によっては、筋腱神経組織が壊死(え

し)等が生じる障害のことをいます。)のことを、フォルクマン拘縮といいます。

 コンパーメント症候群の中でも頻度の多い症状と言われています。
    主に、前腕部の腫脹や疼痛、指の動作痛などの症状がみられます。
 特に、チアノーゼや脈拍の欠如、運動麻痺、知覚異常などがみられる場合には、

注意が必要です。

 症状によっては、手指の機能が完全に失われる程の重症事案です。

 

・治療等
 
 初期の適切な治療が重要であり、まず、可能な限り骨折の整復やギプスで阻血の原

因を除去します。
 症状に応じて、緊急手術が必要となります。

 

・後遺障害等級(可能性)


 第6級6 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
 第7級7 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの

                                    以上

 

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故

被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害

慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的に

サポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護

士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。

弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお

気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515