むち打ち症・周辺疾患(4)

・頚椎椎間板ヘルニア

 

 椎間板の線維輪が断裂して髄核が脱出するのがヘルニアです。

 後側方に脱出することが多く、通常は、1本の神経根を圧迫して、特定の

部位の放散痛を発生します。稀に、正中後方に脱出し、脊髄を圧迫します。

この場合、症状としては頚部のこり、不快感、疼痛、運動制限など、進行す

ると脊髄症状、神経根症状(頚椎症性神経根症や頚椎症性脊髄症と同様)が

現れます。第5・6、第6・7頸椎間に発症することが多いです。

 単純レントゲン写真では椎間板ヘルニアの描出は不可能です。また、椎間

板の狭小化が見られないのも普通です。MRIは椎間板ヘルニアの診断に最

も優れた検査法ですが、MRI上、無症候性の椎間板ヘルニアも存在するの

で、その解釈には注意が必要であるといわれています。また、上肢の放散痛

を誘発させるスパーリングテストで陽性の場合、神経根障害ありと判定され

ます。

 

・治療等

 

 保存療法としては、薬物療法(NSAIDs「エヌセイズ」や筋弛緩薬、

ビタミンB12製材などの投与)、頚椎カラ-装着、牽引療法、神経ブロッ

ク、物理療法、ストレッチングなどです。保存療法では改善されないケース、

日常生活に支障をきたしているケースでは手術療法(頚椎前方除圧固定術、

頚椎椎弓部分切除術など)が検討されます。

 手術を行った場合、仕事や学業への復帰は1~2か月後が目安となります。

 

                                 以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故

被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害

慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的に

サポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護

士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。

弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお

気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515