関節の機能障害/関節可動域の測定要領 ・下肢

関節可動域の測定要領として、以下の測定方法があげられます。

 

・下肢

部位名

運動方向

参考可動域角度

基本軸

移動軸

測定肢位および注意点

屈曲

125

体幹と平行な線

大腿骨(大転子と大腿骨外顆の中心を結ぶ線)

骨盤とせき柱を十分に固定します。屈曲は背臥位、膝屈曲位で行います。伸展は腹臥位、膝伸展位で行います。

伸展

15

外転

45

両側の上前腸骨棘を結ぶ線への垂直線

大腿骨中央線(上前腸骨棘より膝蓋骨中心を結ぶ線)

背臥位で骨盤を固定します。下肢は外旋しないようにします。内転の場合は、反対側の下肢を屈曲拳上してその下を通して内転させます。

内転

20

外旋

45

ひざ蓋骨より下した垂直線

下腿骨中央線(膝蓋骨中心より足関節内外果中央を結ぶ線)

背臥位で、股関節とひざ関節を90度屈曲位にして行います。骨盤の代償を少なくします。

内旋

45

ひざ

屈曲

130

大腿骨

腓骨

(腓骨頭と外果を結ぶ線)

屈曲は股関節を屈曲位で行います。

伸展

屈曲

(底屈)

45

腓骨への垂直線

第5中足骨

ひざ関節を屈曲位で行います。

伸展

(背屈)

20

                                                      以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故被害者

の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰謝料、逸失

利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的にサポート。無料法律

相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数の保険

では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼することによるメリ

ット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515