後十字靭帯損傷

・後十字靭帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)

 

 交通事故との関係では、運転席や助手席に座っている方が、膝をダッシュボードで打ちつけて発症することがあります。後十字靭帯損傷は、膝蓋骨骨折・頚骨顆部骨折等を伴うことが多くあります。

 後十字靱帯が損傷すると、膝の関節が安定せず、すねが後ろにズレるようになります。

 特に、膝蓋骨骨折等を伴った場合に、痛み、腫脹等の症状が強く表れます。

 

・治療等  

 

 一般的には、保存療法(筋力の回復等)を行います。症状によっては、手術療法(靭帯の再建等)も検討されます。  

 立証方法として、MRI検査やストレスXP撮影等が効果的です。

 

・後遺障害等級(可能性)  

 

 第8級7   1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの   

 第10級11 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの  

 第12級7  1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの  

 第12級13 局部に頑固な神経症状を残すもの  

 第14級9  局部に神経症状を残すもの                                   

                                                                                                 以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的にサポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515