下腿骨骨幹部骨折

下腿骨骨幹部骨折(かたいこつこつかんぶこっせつ)

 

 膝関節から足関節の間の脛の骨折です。交通事故の中で、頻度が高い骨折と

いえます。強い疼痛、歩行困難等の症状がみられます。

 交通事故などで強い外力が下腿に直接的に加わり、発生することが多いです。

 骨折の部位や種類は多様ですが、脛骨骨折は開放骨折や偽関節(難治性骨折)

等になりやすいという特徴があります。

 足のしびれや皮膚の冷感があるときは神経や血管の損傷が、また、足のしび

れや皮膚の蒼白、脈拍の喪失等が見られるときは区画症候群が疑われます。

 

検査、治療等

 

 保存療法や手術による。

 血管損傷や区画症候群、骨髄炎などの合併症の早期発見が重要です。また

偽関節の可能性にも要注意です

 

後遺障害等級(可能性)

 第8級5  下肢を5cm以上短縮したもの

 第10級8 1下肢を3cm以上短縮したもの

 第13級8 1下肢を1cm以上短縮したもの

                                 以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通

の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害

慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全的に

ポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)弁護

士費用特(大数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー) も対応。

弁護士に依することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますので

気軽にご連下さ完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515