生殖器の後遺障害(女性)

・生殖器の後遺障害(女性)

 

 交通事故により、女性の生殖器に後遺障害が残る場合、以下の症状が後遺障害(準用)として認められる可能性があります。

 

・後遺障害等級(可能性)

 

第7級13 両側の卵巣を失ったもの状態として卵子が形成されないもの      

第9級17 膣口狭窄を残すもの(陰茎を膣に挿入することができないと認められるものに限る)両側の卵管に閉鎖、もしくは、癒着を残すもの、頸管に閉塞を残すもの、又は、子宮を失ったもの(画像所見により認められたものに限る)

第11級10 狭骨盤、又は、比較的狭骨盤が認められるもの(産科的真結合線が10.5cm未満、又は、入口横径が11.5cm未満のもの)

第13級11 一個の卵巣を失ったもの

                                         以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全的にポート。法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)弁護士費用特(大数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依するこによるメリット費用等をわかりやすく説明しますので気軽にご連下さ完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515