外傷性脳室内出血

・外傷性脳室内出血(がいしょうせいのうしつないしゅっけつ)

 

 頭部への外傷に起因して、出血が脳室内に貯まる症状のことをいいます。

 重傷事案といえます。
 脳室には脳脊髄液が満たされており、脳脊髄液はいくつかの脳室を順に流れていきますが、脳室内出血によって、この脳脊髄液の通り道が詰まると、脳室が急速に拡大し、周囲の脳を圧迫します(急性水頭症。一方で、徐々に流れが滞り脳室が拡大する症状のことを、正常圧水頭症といいます。)。

 交通事故や転落事故などの外傷に起因して生じることがあります。
 頭痛や吐き気、意識障害など様々な症状があらわれます。
 症状が悪化し、脳室の拡大による圧迫が脳ヘルニアの状態まで進行すると、死に至る可能性もあります。

 

・治療等

 

 緊急手術により、脳室内に溜まった血液を外へ排出する外科処置が行われます(脳室にチューブを挿入し、脳脊髄液とともに脳室内の出血を取り除く方法。)。

 

                                                               以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的にサポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515