むち打ち症・周辺疾患(7)

・脊柱管狭窄症

 

 脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭くなり神経圧迫症状を呈するものです。

 脊柱管を走行する脊髄は、余裕のない空間に収められていますので、変形性頚椎

による骨棘形成や、椎間板の突出、後縦靭帯骨化や靭帯肥厚が加わると、圧迫に

よる脊髄症が発症しやすいです。

 頚椎脊柱管の前後径は、第5頚椎において日本人男性平均が16.7mm、女性

15.8mmであり、男性で2SDラインが14mmであり、それ以上は正常、

12から14mmは境界領域、12mm以下であれば、成長性脊柱管狭窄症とされ

ています。

 

 なお、腰部脊柱管狭窄症は一つの疾患として確立されていますが、頚部脊柱管狭

症は一つの疾患として確立されていないのが実情であるといわれており、現に、

整形外科の教科書にも記載がないことが多いです。脊椎骨の連なりで構成される骨

性の脊柱管が本質的に狭い場合を脊柱管狭窄症と呼ぶ場合もあり、骨棘、椎間板、

靭帯の肥厚などにより神経が圧迫される場合も含めて脊柱管狭窄症と呼ぶ場合もあ

ります。

                                             以上                                                                                                                                                                        

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故被害

の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰料、

逸失利益、休業損害等)を事故時から賠の回収に至るまで全面的にポート。無料

法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数

保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼する

よるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのお気軽にご連絡い(完全後

払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515