上腕骨近位端骨折

・上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたんこっせつ)

 

 上腕骨近位端骨折とは、肩関節近くに生じる骨折をいいます(なお、骨頭、大結節、

小結節、骨幹部の4つに区別することが出来ます。)。

交通事故に逢い、地面に肩を打ち付けた場合などに生じることがあります。

 多くの場合、外科頚骨折となります。  

 局所の疼痛、腫れや、上肢の運動制限等の症状がみられます。

 

 ・治療等

 

 三角巾やバストバンド等による固定、運動療法等の保存療法を行います。

 ただし、転位(ズレ)の大きい場合、髄内釘やプレートによる固定、人口骨 頭置換

等の手術療法が検討されます。

 

・後遺障害等級(可能性)

 第10級10 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

 第12級6  1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

 第12級13 局部に頑固な神経症状を残すもの

 第14級9  局部に神経症状を残すもの                                                                                   

                                    以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故

被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害

慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的に

サポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護

士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。

弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお

気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515