人身・死亡事故/事業所得者

 以下では、(人身・死亡事故被害に遭った)事業所得者の損害賠償を請求する場合に生じる問題点をQ&A方式で紹介します。

 

Q1

 休業損害の算定の際、どの年度の確定申告所得額が基準になりますか。

 

 原則として、事故前年の確定申告所得額が基準になります。しかし、年度間で相当の変動が認められる場合等前年度の金額で算定するのが不適切だと考えられる場合は、事故前数年分の平均額を利用するなど適当な金額で請求すること可能です。

 

Q2 

 個人事業を営んでいる者です。事故に遭い、2週間休業しました。ただし、ここ数年確定申告をしていません。このような場合、休業損害は否定されるのでしょうか。

 

 直ちに休業損害が否定されるわけではありません。

 すなわち、確定申告の有無にかかわらず、相当の収入を得ていたと認められれば、賃金センサスなどを参考に、基礎収入額を認定する例が多々みられます。

 

Q3

 事故の治療の為、1ヶ月程、普段どおりの仕事が出来ず、臨時に人を雇い休業を回避しました。この場合、休業損害は認められるのでしょうか。

 

 はい。休業損害は認められます。

 本来なら不必要な費用と評価できるため、それに要した必要かつ妥当な額であれば、休業損害と認められます。

 

Q4

 交通事故の被害に遭いました。個人事業を営んでおります。休業中の職場の家賃等の固定経費は休業損害と認められますか。

 


 原則認められます。

 事業を継続する上で休業中も支出を余儀なくされる固定経費(家賃、従業員給料等)は、相当性がある限り休業損害に含まれます。

 

Q5

 休業損害額算定に際し、確定申告額を上回る所得があったとの主張が認められることはあるのでしょうか。

 

 立証次第で、認められることもあります

 ただし、裁判例は、かなりの確実性がある立証を求める傾向にありますので、確定申告に基づかない主張が採用されるのは容易ではありません。

 

Q6

 確定申告額を上回る基礎収入額が認められるのは、どのような場合ですか。

 

 例として

・確定申告額を上回る収入状況について、かなりの確実性のある立証があった

場合

・申告額では生活維持が困難と思われるとき

 等が挙げられます。

 後者の場合、経営状況、家族生活状況等から、賃金センサスなどを参考に、申告額を上回る基礎収入額が認定されることがあります。

 

Q7

 私は個人で事業を行っていますが、交通事故に遭い休業することになりました。ところで、事故前から仕事を妻に手伝ってもらっていましたが、給与は支払っていませんでした。休業損害の算定の際、私の申告した所得額を基に基礎収入額を認定することになるのでしょうか。

 

 本件のように、身内の者を使用しているにもかかわらず、その者に対する相当額の給与支払いがなされていない場合、事業主の所得として申告された額の中には、妻の労務の成果部分が含まれることになります。そのため、所得申告した額に被害者の寄与の割合を乗じたものを基礎収入額とする必要があります。

 

                                                               以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が死亡・人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故被害の救済に尽力致します。死亡・人身事故被害者の損害賠償請求(死亡・後遺障害慰謝料、死亡・後遺障害逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的にサポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com
Email   maeno@united-law.com
TEL     06-6309-0515