頚椎後縦靱帯骨化症[OPLL]

・頚椎後縦靱帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)[OPLL]

 

 後縦靱帯骨化症とは、背骨を支える靭帯のうち、後縦靭帯に骨化が起こり、脊髄が圧迫

される症状のことを言います。
 原因は特定されていません。
 首や手足のしびれ、歩行障害などの症状が生じる可能性があります。
 ただし、後縦靱帯骨化症を有していても、必ずしも症状が発生していないこともありま

すので、交通事故による外傷を原因として症状が発生した場合は、事故との因果関係が争

となります(他にも、素因減額の問題が出てくる可能性があります)。
 
・治療等


    症状が軽度の場合、頚椎牽引療法や薬物療法などの保存療法を行います。
 ただし、症状や状況に応じて手術療法が選択されることもあります。

 

・後遺障害等級(可能性)


 第12級13 局部に頑固な神経症状を残すもの
 第14級9  局部に神経症状を残すもの    

                                      以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故

被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害

慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的に

サポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護

士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。

弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお

気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515