肺挫傷

・肺挫傷(はいざしょう)

 

 肺挫傷とは、胸部に圧迫や衝撃を受けて肺が損傷し、肺に出血や血腫ができた状態のことをいいます。

 交通事故などによる外傷により、肺挫傷が認められるケースがあります。

 また、肋骨骨折や血胸、その他の内蔵の損傷等を併発している可能性があります。

 軽度の肺挫傷であれば、多くが無症状で、気づかないまま治癒することもあります。

 通常は、呼吸困難、血痰や胸痛、チアノーゼ等があり、重度の場合には、酸素血症により意識低下や血圧低下に至ることもあります。

 また、急性呼吸不全を起こし、死に至ることもあります。 

 

・検査

 

 動脈血酸素分圧、動脈血炭酸ガス分圧、運動負荷試験の結果などの検査が必要です。

 また、胸部レントゲン撮影・胸部CTスキャンの画像診断も必要です

 

・治療 

 主に、安静臥床や、肺理学療法等が行われます。

 一方で、酸素吸入を行っても低酸素血症が改善しない場合には、気管挿を行った上で人工呼吸管理が行われます

 

・後遺障害等級(可能性)

 

第7級5 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務服することができない

第11級10 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程の支障があるもの

第14級9 局部に神経症状を残すもの

                                         以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全的にポート。法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)弁護士費用特(大数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依するこによるメリット費用等をわかりやすく説明しますので気軽にご連下さ完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515