外傷性胸部圧迫症

・外傷性胸部圧迫症(がいしょうせいきょうぶあっぱくしょう)

 

 外傷性胸部圧迫症の原因として、胸部に対し強い外力が加わることが挙げられます。

 交通事故などによる外傷が原因で生じることがあります。

 外傷性胸部圧迫症による症状として、顔や頚部に点状の出血、皮膚が紫色に変色す

るなどの外見上の変化が発生します。

 また、舌や口唇の腫脹、眼瞼結膜、さらには、意識障害を引き起こす可能性もあり

ます。

 

・治療等


 外傷性胸部圧迫症に対する治療法は特にありません。
 そのため、意識障害がある場合は気道の確保、低酸素血症がある場合は酸素吸入を

するなど、病状に応じた治療を行います。

                                    以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故

被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害

慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的に

サポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護

士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。

弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお

気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515