鼠径ヘルニア

・鼠径(そけい)ヘルニア

 

 鼠径ヘルニアとは、腸などの臓器が正しい位置からはみ出し、太ももの付け根(鼠径部)にこぶのような膨らみができる症状のことをいいます。

 男性の発生率が高く、一般的には、脱腸と呼ばれています。

 大きく、外鼠径(間接型)ヘルニア、内鼠径(直接型)ヘルニア、大腿ヘルニアの3つに分類することが出来ます。

 原因として、先天性のものから、加齢による筋力の衰え、腹部に負担がかかりやすい状態が続くこと(立ち仕事、便秘、肥満、喘息、妊婦等)などが考えられます。
 鼠径部の膨らみ(押すと戻る程度)や違和感・不快感や等の症状があらわれます。
 症状が進行し、膨らみが押しても戻らない状態(嵌頓状態)になると、痛みや嘔吐などの症状があらわれ、最悪、腸の組織が壊死する可能性もあります。
 
・治療等
 
 手術が行われます。
  
・後遺障害等級(可能性)


 第9級11  胸腹部臓器の機能に障害を残し、服すことができる労務が相当な程度に制限されるもの
 第11級10 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
                                                               以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的にサポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515