人身・死亡事故/弁護士に依頼するメリット(14)

 交通事故被害に遭った場合に弁護士を選任するメリットとして、弁護士基準

(裁判基準)での請求・回収ができるという点が挙げられます。

 例えば、被害者本人、及び遺族の慰謝料(青本基準)の基準額で比較した場

合、以下のような差がでます。

 

死亡事故の支払額(原則)

損害科目

自賠責基準

弁護士基準(緑本)

葬儀費

60万円

150万円

逸失利益

収入、及び就労可能期間・被扶養者の有無等を考慮の上計算。

基礎収入×(1-生活費控除率30~50%)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

慰謝料

(本人) 

350万円

一家の支柱 ※1       2800万円

その他        2000~2500万円

慰謝料

(遺族)

請求権者

1名   550万円

2名   650万円

3名以上 750万円

被害者に被扶養者がいるときはさらに200万円が加算されます。

本人分慰謝料に近親者分も含まれています。

支払限度額

3000万円

 無し

(※1)被害者の世帯が、主に被害者の収入によって生計を維持している場合です。

                                                      

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が死亡交通事故被害の救済に尽力致します。死
亡事故被害者のご遺族の損害賠償請求(死亡慰謝料・死亡逸失利益、休業損害等)
を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的にサポート。無料法律相談実施中
土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数の保険では
300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼することによるメ
リット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい(完全後払
も可)。

URL     http://www.united-law.com
Email   maeno@united-law.com
TEL     06-6309-0515