自転車事故Q&A 自転車同士の事故(追抜き、並走中の事故)


 同じ車線上の道路を、同一方向に進行する自転車が衝突しました。
 具体的には、先行していた自転車(以下、「先行車」といいます。)を、後方から来た自転車(以下、「後続車」といいます。)が追抜こうとした際、双方の自転車が並走状態となり、衝突しました。
 この場合の過失割合について教えて下さい。


 基本、後続車100%の過失となります。
 並走状態による衝突事故の場合、後続車が、先行車との車両間隔を十分に取ることで、事故は未然に防げる可能性が高いと考えられます。
 一方で、先行車からすれば、追抜きを行う後続車の存在を確認できるのは(後続車が追越しに当たってベルを鳴らすなどの行為がない限り)、後続車が側方に並行し、並走状態となってからのものとなると考えられるため、衝突を回避することは困難と考えられます。
 以上から、事故の基本的な責任は、後続車にあると考えられます。
 上記を前提に、先行自転車のふらつき運転や追抜危険場所での追抜きの有無、自転車の運転者が児童・高齢者か否か、夜間無灯火運転の有無や著しい過失・重過失の有無等の個別事情により過失割合が修正されます。 

                                    以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的にサポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515