後遺障害・末梢神経/末梢神経麻痺

・末梢神経の障害に対する後遺障害の評価

 

 末梢神経に係る等級は、損傷を受けた神経の支配する身体各部における機能障害に係る等級を適用します。また、疼痛等の感覚異常は、神経系統又は精神の障害に係る等級を適用します。

 

・末梢神経麻痺


 損傷を受けた神経の支配する身体各部の器官における機能障害に係る等級を適用します。
一例として以下のものです。

(1)聴神経を損傷し難聴が残存した場合は聴力障害の等級を適用
(2)視神経を損傷し視力障害が残存した場合は視力障害の等級を適用

 

 また、脳神経叢の損傷に伴い、上肢の関節機能障害が残存した場合は、上肢の機能障害の等級を適用します。末梢神経の麻痺が他覚的に証明されるものの上肢・下肢の機能障害に該当しない場合は、第12級13号を適用します。

                                                                以上

慰謝料の増額に強い大阪の弁護士が人身(軽傷から重度後遺障害まで)交通事故被害者の救済に尽力致します。人身事故被害者の損害賠償請求(傷害・後遺障害慰謝料、逸失利益、休業損害等)を事故時から賠償金の回収に至るまで全面的にサポート。無料法律相談実施中(土日祝・夜間・無料電話相談も対応可)、弁護士費用特約(大多数の保険では300万円まで弁護士費用をカバー)にも対応。弁護士に依頼することによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい(完全後払いも可)。

URL     http://www.united-law.com

Email   maeno@united-law.com

TEL     06-6309-0515